/

この記事は会員限定です

新電力の事前調達活発 22年度分は価格1.5倍に

[有料会員限定]

割安な価格を売り物にする新電力の間で、電力を前倒しで確保する動きが広がっている。1月に卸電力価格が高騰し、経営を圧迫したことが背景だ。リスクを回避するために先物取引や長期契約の相対取引の活用が目立つ一方、30日に取引があった翌年度1年分の電力を売買する市場では価格が高騰した。

30日に取引があった「ベースロード市場」。年4回、翌年度1年分の電力を売買する取引で、今回は2022年度分で初の取引だった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1000文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン