/

この記事は会員限定です

コメの需要鈍く 販売量、3カ月連続減少

需給DIも過去最低に近づく

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍が長びくなか、コメの需要の鈍さが目立っている。農林水産省がまとめた3月の米穀販売事業者のコメ販売数量(速報)は2020年3月比で8.9%減った。3カ月連続で前年同月を下回った。

20年3月は新型コロナの感染拡大の影響で、消費者が外食を控え、家庭用にコメを買いだめした。このため統計上は、3月の販売数量は中食・外食事業者向けが20年3月比で2.6%増え、スーパーなど小売事業者向けが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り404文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン