/

この記事は会員限定です

大型建築、環境重視で前向きに 山梨知彦氏

日建設計チーフデザインオフィサー・常務執行役員

[有料会員限定]

日本では大型の建築物を造ることに対し、世の中の賛同をなかなか得づらくなっている。加えて、その設計を担っている我々のような設計事務所の存在感も乏しい。

そもそも日本では、設計事務所の役割が十分に知られていない。大工による建物づくりの伝統のためか、工事を請け負っているゼネコンの存在感は高いものの、ビルなどの大型建築の多くが設計事務所により設計されていることを知る人はほとんどいないだろう。

例えば東京...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り955文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン