/

この記事は会員限定です

細胞工場スマートセル、生物の力でモノづくり革命狙う

Techワード

[有料会員限定]

生物の力を生かして有用な物質を効率よく作る「スマートセル」がものづくりに革命を起こすと期待されている。ゲノム編集などのバイオ技術と最先端のデジタル技術を駆使して、医薬品や食品のみならずエネルギー、農林水産分野でも活用しようと研究開発が進む。

日本人はしょうゆや味噌、酒などを自然界の微生物の力を借りて生産してきた。スマートセルによるものづくりは、植物や微生物などの細胞を有用物質の生産工場とみなす。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り915文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン