/

住友化学、今期純利益3倍 石化市況高で上方修正

住友化学は27日、2022年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比3倍の1400億円になる見通しだと発表した。従来予想を400億円上回り、過去最高益を更新する見込み。石油化学製品の市況上昇を支えに収益性が改善するほか、半導体材料の販売増も寄与する。

売上高にあたる売上収益は18%増の2兆7100億円を見込む。従来予想は2兆6100億円だった。けん引するのは石油化学事業だ。需給逼迫を背景に汎用樹脂などの市況が高止まりし、採算が大きく改善した。昨年のサウジアラビアの石油化学合弁事業ペトロ・ラービグの大型定期修繕がなくなったのも採算改善を後押しする。

情報電子化学事業ではテレワークの普及や巣ごもり需要を背景にディスプレーや半導体関連の材料が好調に推移する。健康・農業関連事業で海外での農薬の出荷が増えることも貢献。一時的な損益を除くコア営業利益は2450億円と従来予想を450億円引き上げた。

業績の上方修正を受けて配当予想も引き上げた。期末の配当を4円積み増し、年間配当を従来計画から4円増の24円(前期は15円)とした。

オンラインで会見した岩田圭一社長は「通期業績予想の上方修正の相当程度は上期に生じた要因だ」と説明。下期は半導体不足に伴う自動車減産の影響や原料高に伴う交易条件の悪化などが懸念材料となりそうだとの認識を示した。

同日発表した21年4~9月期の売上収益は前年同期比27%増の1兆3252億円、最終損益が888億円の黒字(前年同期は22億円の赤字)となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン