/

この記事は会員限定です

ストラドビジョン、車載AIで障害物検知 年内に製造

[有料会員限定]

人工知能(AI)開発の韓国ストラドビジョンは、障害物などを高い精度で検知できる車載向けAIソフトの製造を2021年にも始める。車載センサー「ライダー」を使った場合に近い認識機能を車載カメラだけで実現できるという。自動運転技術の開発が進む中、機能性の向上で顧客獲得を目指す。

車載カメラは対象物との距離を測定しにくい弱点があるため、高度な自動運転に向けては光の反射を使って物体との距離を把握するライダー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り261文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン