/

この記事は会員限定です

NTT・東大、脳を模倣「空気読めるAI」めざす

Next Tech2050

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

脳の神経細胞(ニューロン)の仕組みを忠実に取り入れた人工知能(AI)のモデルに注目が高まっている。NTTと東京大学の合原一幸特別教授らの研究チームは、光技術を応用して人工ニューロンのモデルを作成した。脳の情報処理の消費電力は20ワットとされ省エネだ。柔軟性も現行のコンピューターより優れる。2050年には省電力かつ、状況に応じて最適な情報処理方法を選ぶ「空気を読めるAI」が実現する可能性がある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1540文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン