/

この記事は会員限定です

三菱地所、不動産開発も脱炭素 工事や資材の排出量把握

【イブニングスクープ】

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

三菱地所は不動産開発の脱炭素に乗り出す。ビルなどの建設に使う鋼材、セメントなどの資材や建機など工事の段階から二酸化炭素(CO2)の排出量を把握し、削減につなげる。建設現場で再生可能エネルギー由来の電力活用も促す。業界大手で初の取り組みだ。将来の資材・工法の見直しや発注先の選別につながる可能性もある。

排出量を把握するため、まず大成建設鹿島など大手ゼネコン(総合建設会社)に資材などに関する開示を要請した。2028年の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り760文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、データ解説や連載企画を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン