/

この記事は会員限定です

富士通、見えぬ6000億円の行方 縮小均衡で高まらぬ期待

山田彩未

[有料会員限定]

富士通の稼ぐ力が高まっている。人員削減などの構造改革と非中核事業の売却などで、2022年3月期には成長投資に充てられる資金を2000億円以上稼げるようになった。筋肉質にはなりつつあるが、長年続く縮小均衡からは抜け出せていない。欧米のライバルの背中はまだ見えないなか、市場の成長期待を高めるには、将来の成長に向け確保する6000億円をどう使うかが重要になる。

「不確実な状況の中でも構造改革を進めてき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1367文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

記者の目

記者が独自の視点で企業を分析。企業ニュースの背景や株価変動の要因、プロの投資家が注目するポイントなどをわかりやすく紹介します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン