/

この記事は会員限定です

世界最優秀賞の日本酒生んだ平和酒造 3つの常識破り

[有料会員限定]

「いい酒を造る。そして商品価値、企業価値を伝えることに注力してきた」と語るのは、平和酒造(和歌山県海南市)4代目の山本典正社長だ。人材系スタートアップ企業を経て04年に家業に戻ると、経営改革、組織改革に努めた。安価で値引き勝負のパック酒の大量生産から、値引きと無縁で高品質な酒造りへとかじを切った。

売上高は4億円(2004年9月期)から12億円(19年9月期)へと15年間で3倍にした。縮小傾向に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2455文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン