/

アサヒ飲料、4月に無糖紅茶の新ブランド

(更新)

アサヒ飲料は27日、無糖で国産茶葉を使った新ブランド「和紅茶 無糖ストレート」を4月5日から全国発売すると発表した。在宅時間の増加で素材や品質にこだわる消費者が増えているといい、手軽に飲める500ミリリットル入りペットボトルで発売する。年間で200万ケースの販売をめざす。

希望小売価格は税別140円。スーパーマーケットや自販機など全チャネルで展開する。鹿児島県産の国産茶葉を100%使用し、香りとうま味を感じるブレンドにした。若い女性層を中心とした需要を取り込む。

コロナ禍の健康志向の高まりで緑茶や麦茶など無糖茶市場は拡大している。アサヒ飲料によると、無糖紅茶やジャスミン茶などの香りが特徴の無糖茶の市場は5年で3割拡大しているという。

同日開いた2022年の事業方針説明会で、21年の飲料販売数量が前年比1%増の2億5068万ケースだったと発表した。前年を上回るのは3年ぶり。22年の販売目標は前年比5%増の2億6350万ケースで、米女太一社長は「新型コロナ禍前の19年水準へ戻したい」と意気込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン