/

楽天モバイル、人口カバー率拡大に遅れ 半導体不足で

楽天モバイルは携帯電話の人口カバー率の拡大が遅れる見通しを明らかにした

楽天グループの携帯通信子会社である楽天モバイルは携帯電話の通信エリアについて、人口カバー率を2021年夏までに96%に広げる目標を示していたが、達成が遅れる見通しであることが明らかになった。基地局に使う半導体が足りず、基地局整備が遅れる見込み。世界的な半導体不足を受け、自動車業界などに続いて通信業界にも影響が出てきた。

楽天モバイルは現行の通信規格である「4G」の人口カバー率が、5月時点で88.6%だ。同社は当初の計画を5年前倒し、21年夏までに人口カバー率を96%まで広げる計画を示していたが、21年内の達成に時期を改めた。

世界的な半導体不足を受けて基地局で使う半導体が足りず、通信エリアの拡大が遅れる見通しだ。一方、高速通信規格「5G」の基地局整備には影響がないとしている。

半導体不足の影響は他の携帯会社でも出ている。KDDIは半導体の不足を受け、一部の通信機器の納入が遅れている。同社は納期を早めたり代替の通信機器を活用したりして、基地局の整備が計画より遅れないように対応している。NTTドコモとソフトバンクは自社の基地局整備で遅れはないと説明する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン