/

4月の中古車競売価格、前年同月比18%高

中古車競売大手のユー・エス・エス(USS)がまとめた4月の中古車の平均落札価格は前年同月比18.4%高の92万9000円だった。23カ月連続で前年同月を上回った。半導体不足で自動車各社の工場は低稼働が続いており、新車不足から中古車価格は高止まりが続いている。

出品台数は前年同月比10%増の27万4614台だった。中古車価格は高騰しており、一部車種では新車価格を上回る例も出ている。「(スズキの軽四輪駆動車)ジムニーが中古車オークションで新車よりも高い価格で売れていた」(東海地方の販売店オーナー)。

中古車価格の上昇は幅広い価格帯で起きている。低額車両の取引が多い日本中古自動車販売協会連合会(JU中販連、東京・渋谷)の4月の平均落札価格は前年同月よりも21.3%高い32万9000円だった。出品台数は3.5%減の12万5874台だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン