/

この記事は会員限定です

「第6波抑制可能、強い対策迅速に」政府分科会の尾身氏

第8回日経・FT感染症会議

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

新型コロナウイルスなどの感染症対策を国内外の専門家で話し合う「第8回日経・FT感染症会議」の議長を務める政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は27日、日本経済新聞の取材に応じ、「第6波を抑えるため、感染拡大の兆候がみられれば(緊急事態宣言などの)強い対策を迅速に短期間で行うのが重要だ」と述べた。そのためには国民の危機意識の維持や協力、政治家の強いリーダーシップが求められるとした。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り746文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経・FT感染症会議

二度と危機を繰り返さないために――。10月27-28日、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長を議長に、感染症対策に携わる国内外の第一人者が集結。2日間にわたる会議での議論を通じて、社会経済に多大なる影響をもたらす感染症に備えるには何が必要か、具体的な課題解決策を盛り込んだ提言「東京感染症ステートメント2021」をまとめました。


関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン