/

この記事は会員限定です

中外製薬、利益率4割に飛躍 ロシュ傘下で創薬に特化

[有料会員限定]

中外製薬の収益性が急速に高まっている。長らく10%台だった営業利益率は4割に上昇。時価総額は武田薬品工業を抜き、英グラクソ・スミスクライン(GSK)にも一時肉薄した。スイス製薬大手ロシュの傘下に入り約20年。約6割の株を握る親会社の基盤を生かし、研究開発に特化する「創薬スタートアップ」的な経営に転換した。

中外の時価総額は昨年2月に武田を超え国内製薬トップに立った。その後、メガファーマの米バイオ製薬大手ギリアド・サイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3231文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン