/

西松建設、大型ドリル車を遠隔操作 山岳トンネル施工で

西松建設は山岳地帯のトンネル施工に使う大型掘削車、ドリルジャンボの遠隔操作システムを開発した。操作室のモニターで掘削現場の映像や音声を確認できるほか、掘削時の振動も再現する。現場の省人化を促し、土砂崩れなどに伴う労働災害を防ぐ。

機械メーカーの古河ロックドリル(東京・千代田)など3社と共同開発した。従来はドリルジャンボに作業員が搭乗して運転する必要があったが、施工現場から離れた場所に操作室を備えた大型トラックなどを配置することで遠隔操作できるようにした。

操作室から通信設備を介し、古河ロックドリル製のドリルジャンボに接続して掘削する。同社のドリルジャンボにはフルハイビジョンカメラが搭載されており、掘削が進むトンネル最先端の映像を高画質で確認できる。

事前に掘削計画を設定すれば、全自動での作業にも対応する。掘削中のデータをもとに岩盤の強度などを解析する機能を施し、崩れやすい場所を早期に把握できるという。

西松建設はこれまでも、山岳トンネルの施工機器を遠隔・自動操作する技術開発を進めてきた。労働人口が減少に向かう中、作業員の安全を保ちながら施工品質の向上につなげる狙いがある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン