/

この記事は会員限定です

宇宙探査でレーザー駆使 はやぶさ2、様々な場面で利用

[有料会員限定]

レーザーは計測や分析、加工、通信などに広く使われているが、地球を遠く離れた宇宙探査の最前線でも存在感を示している。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の「はやぶさ2」による小惑星「りゅうぐう」の探査では様々な場面でレーザー技術が重要な役割を果たした。今後の探査ではレーザーの利用がさらに進みそうだ。

はやぶさ2で活躍したのは「レーザー高度計」だ。赤外線レーザー光を小惑星表面に照射し、その反射光が戻って...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り932文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン