/

この記事は会員限定です

東エレクの純利益3年ぶり最高、3300億円 22年3月期

5GやAI向けの製造装置が拡大

[有料会員限定]

東京エレクトロンは30日、2022年3月期の連結純利益が3300億円になる見通しだと発表した。今期から売り上げの計上基準を変更し継続比較できないが、前期(2429億円)との比較では3割以上増え、3年ぶりの最高益を見込む。高速通信規格「5G」や人工知能(AI)向けの半導体需要が旺盛で、半導体製造装置の販売が伸びる。

売上高は1兆7000億円と22%増える。売上高、純利益ともに市場予想の平均であるQUICKコンセンサ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り509文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン