/

この記事は会員限定です

「手塚治虫AI」が越えられない壁 人間の強みは何か

AI時代の技術伝承(3)

[有料会員限定]

後継者不足に悩む日本の製造業で人工知能(AI)を活用する動きが広がっている。技術伝承にAIを生かすうえでの課題、そしてAIが人の仕事を代替する時代に人間に求められる役割とは何か。故・手塚治虫氏の「新作」をAIで開発するプロジェクトに携わったこともある慶応義塾大学理工学部管理工学科教授の栗原聡氏に聞いた。

今のAIは電卓の延長線

──近年、AIの活用が加速しています。

「ディープラーニング(深層学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3303文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン