/

この記事は会員限定です

イオンとトヨタ、物流の脱炭素化で協業

[有料会員限定]

イオントヨタ自動車が物流の脱炭素化へ協業する。配送トラックの走行データや積み荷の状況などのデータを収集・分析して効率的な商品の配送網を構築。トヨタのCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)技術も利用し、サプライチェーンで発生する温暖化ガスの排出削減につなげる。物流では人手不足と共に脱炭素化が重要課題で、小売りと自動車業界の最大手が組むことで課題解決を目指す。

イオン傘下でサプライチェーン業務を担う...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り697文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン