/

この記事は会員限定です

喜べぬコメ転作増 中心は飼料用米、麦・大豆の意欲鈍く

[有料会員限定]

農林水産省が実施した2022年産米の作付け意向調査で、主食用米からの転作面積が想定の9割に達し、5割程度だった前年より増えた。コメ消費が減り続けるなか、転作は農家の存続に欠かせない。ただ多くは手軽に転作できる飼料用米への切り替えにとどまる。国がめざす麦、大豆などへの転作は道半ばだ。

5月下旬、宮城県大崎市の水田跡地でトウモロコシの種まきが行われた。全国農業協同組合連合会(JA全農)とJA古川が2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1114文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません