/

三井E&S、IHIから大型船舶エンジン事業買収の契約締結

三井E&Sホールディングス(HD)は27日、IHIグループの発電機器メーカーIHI原動機(東京・千代田)の大型船舶エンジン事業を買収する契約を結んだと発表した。同事業の買収は3月に基本合意を発表していた。買収完了は2023年4月1日を予定している。買収額は明らかにしていない。

IHIによると、大型船舶エンジン事業の売上高は100億円程度。

三井E&SHDは主力の船舶エンジンでは国内最大手で、6割のシェアを持つ。経営資源を船舶エンジンや港湾クレーンなどの機械事業に集中し、経営の立て直しを急いでいる。

艦艇事業は21年10月に三菱重工業に売却。商船事業はグループの三井E&S造船(東京・中央)が10月に常石造船(広島県福山市)の子会社になる予定で、造船業からの撤退を進めている。

三井E&SHDは23年3月期の連結最終損益を20億円の黒字(前期は218億円の赤字)と予想し、黒字転換を目指している。

ビジネスセクション

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン