/

この記事は会員限定です

経営者vs.株主、激しい攻防〈混迷2021〉

東芝・関西スーパー・新生銀行の苦境 企業価値向上、なれ合い排す

[有料会員限定]

2021年は企業価値をどう高めるかについて、経営者と株主が真っ向からぶつかりあう事例が相次いだ。企業はコーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)で株主と向き合うことを求められ、株主である投資家もスチュワードシップ・コードで企業価値向上につながる行動を求められる。なれ合いで決めることは許されず、再編や人事を巡り、株式会社の最高意思決定機関である株主総会の場で真剣勝負を繰り広げた。

「公正に運営...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3475文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン