/

この記事は会員限定です

ネット広告「脱追跡」で米新興台頭 効果維持に課題

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

インターネット広告で個人のプライバシーへの配慮をうたった事業モデルが広がっている。米スタートアップのブレイブ・ソフトウエアは、ネットの利用者が広告表示の有無を自由に設定できる仕組みを導入した。人工知能(AI)を使った代替技術も登場したが、広告効果を維持できるかは不透明だ。米国の新勢力の新手法や課題を探る。

「広告を見れば暗号資産(仮想通貨)が手に入ります」――。異色の広告モデルで急成長するスタート...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3484文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン