/

三菱電機、トルコで空調機の生産強化 20億円投資

三菱電機は27日、トルコで空調機の生産体制を強化すると発表した。約1億6700万トルコリラ(約20億円)を投じて製造設備を増強する。ヒートポンプ式暖房・給湯機の生産を新たに始めるほか、ルームエアコンも増産する。在宅勤務の広がりや脱炭素の流れを背景に高まる欧州での需要を取り込む。

トルコの西部マニサにある工場で生産能力を引き上げる。現在はルームエアコンのみで年産50万台だが、今回の投資でヒートポンプ式暖房・給湯機「エア・ツー・ウオーター」とルームエアコンの計50万台分が新たに加わる。10月からルームエアコンを増産するほか、2022年8月からエア・ツー・ウオーターの生産を新たに始める計画だ。

欧州やトルコではコロナ禍での在宅勤務拡大を受け、ルームエアコンを新設したり増設したりする家庭が増えている。脱炭素政策を背景に、化石燃料を使うボイラー式に代わって省エネ性能が高いヒートポンプ式の引き合いも急速に強まっている。今後も需要拡大が見込めることから生産体制の強化を決めた。

三菱電機は17年、欧州・トルコの空調機市場の開拓を狙って同工場を設けた。今回の投資を機に工場の省エネ性能も高める予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン