/

この記事は会員限定です

三井物産とペトロナス、日本のCO2を輸送・地下貯留へ

[有料会員限定]

三井物産とマレーシア国営石油大手ペトロナスは、二酸化炭素(CO2)を回収して地下に貯留する「CCS」の事業化調査を始める覚書を交わした。日本や韓国、台湾などの工場や発電所から出たCO2を三井物産がマレー半島沖合の石油ガスの産出エリアに運び、地下貯留する事業を目指す。

マレー半島沖は東アジアからの船便でのアクセスがよく、石油開発などで得た豊富な地下データや既存設備がある。これらを活用することでリス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り416文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン