/

この記事は会員限定です

東証再編「看板より企業価値向上」 上場の意義問い直す

東証再編 市場はよみがえるか㊤

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

4月に始まる東京証券取引所の新たな形が固まった。市場再編は各企業に上場の意義を突き付ける。採用面などの「看板」として東証1部を選んできた企業もプライムに入れば、世界の投資家に選ばれるよう企業価値を上げる必要に迫られる。自分たちの目指す経営はどうあるべきか、それぞれの企業が問われる。

「安定志向の経営から脱却する」。建設機械の酒井重工業は1981年の1部上場から41年目に、経営方針の大転換を決めた。

きっかけは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り950文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン