/

この記事は会員限定です

伊藤忠、CO2でセメント原料製造 製鉄所などに設備併設

[有料会員限定]

伊藤忠商事は二酸化炭素(CO2)を活用してセメントやコンクリート原料を製造する専用設備を展開する。オーストラリアの新興企業と提携し、2023年にも国内の製鉄所や火力発電所に併設する。産業廃棄物にCO2を固定化する技術は国内で複数の実証が進むが、豪州ですでに実績のある技術を持ち込むことで、脱炭素を急ぐ日本企業の動きを後押しする。

オーストラリアのミネラル・カーボネーション・インターナショナル(キャンベラ、MC...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り654文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン