/

この記事は会員限定です

キョーリン製薬、米メルクコロナ飲み薬の情報提供で協力

[有料会員限定]

キョーリン製薬ホールディングス(HD)は27日、傘下の杏林製薬(東京・千代田)と米メルクの日本法人MSDが、新型コロナウイルスの飲み薬「ラゲブリオ(一般名モルヌピラビル)」を共同販促すると発表した。国内で医師向けの情報提供活動で協力する。コロナ対策の切り札とされる飲み薬が安全に利用できる体制を整える。

ラゲブリオは新型コロナの軽症から中等症患者を対象にした国内初の飲み薬として、24日に厚生労働省...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り331文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン