/

アステラスの遺伝子治療薬候補、米国での治験差し止め

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

アステラス製薬は27日、遺伝子を投与して治療する新薬候補「AT845」について米食品医薬品局(FDA)から米国での臨床試験(治験)を差し止めるよう指示があったと発表した。治験に参加した患者に深刻な有害事象がみられたためだ。アステラスは業績への影響は精査中としている。

AT845は難病の一つ「ポンペ病」の治療を目指した新薬候補だ。ポンペ病はグリコーゲンが分解できなくなるなどして、歩きづらくなったり、呼吸がしづらくなったりする。

AT845は患者の体内に遺伝子を送り込み、特定のたんぱく質を増やして治療効果を狙う。アステラスは買収した米オーデンテス・セラピューティクス(現アステラスジーンセラピーズ)の遺伝子治療の技術を使って、研究開発をしていた。

第1.2相の治験で深刻な有害事象が確認されたという。現時点で「投与による因果関係があるかどうか分からない段階」(アステラス)としている。今後、FDAから30日以内に差し止め理由に関する正式な文書が届くという。

オーデンテスを巡っては、研究開発の遅れによる特別損失が目立っている。アステラスは2020年1月、オーデンテスを約30億ドルで買収した。だが研究開発の遅れなどから21年3月期に約588億円、22年3月期に約300億円をそれぞれオーデンテス関連の減損損失として計上した。アステラスは中期経営計画で遺伝子治療を強化するとしているが、戦略の仕切り直しは避けられそうにない。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン