/

応用情報技術者試験に70歳が合格 最年長記録1歳更新

日経クロステック

情報処理推進機構(IPA)は24日、4月に実施した応用情報技術者試験で70歳の受験者が合格したと発表した。これまでの最年長合格者は69歳で、10年ぶりに記録を更新した。

同試験は、ITスキル標準(ITSS)ではレベル3に相当し、「要求された作業を全て独力で遂行できる」レベルと定義されている。IT(情報技術)エンジニアが最初に目指す基本情報技術者試験の上位に位置し、一般には上級プログラマー相当の実力を認定する資格とされる。

IPAによると、応用情報技術者試験の上位資格であるITストラテジスト試験で70歳の合格者がいる。他の代表的なIPAの資格試験では、情報処理安全確保支援士試験に76歳の合格者がいる。

(日経クロステック/日経コンピュータ 玄忠雄)

[日経クロステック 2022年6月24日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン