/

この記事は会員限定です

飲料「脱・ガラス瓶」進む お茶など業務用で全廃も

[有料会員限定]

飲料の「脱・ガラス瓶」が広がっている。高級感があるといった理由で飲食店やホテルで好まれてきたが、新型コロナウイルス禍で需要がしぼんだ。軽量で持ち運びやすいことに加え、二酸化炭素(CO2)排出量が少なくて済むとの試算もありペットボトルへの切り替えも進んでいる。清涼飲料では業務用で全廃に踏み切る例も出てきた。

東京・田町にある焼き鳥居酒屋「てけてけ 田町慶応仲通り店」。「ペプシコーラ」など出てきた飲...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1424文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン