/

この記事は会員限定です

国内製薬、コロナ論文1本のみ 開発力の低さ浮き彫り

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

新型コロナウイルス関連の論文発表で国内製薬会社の研究開発力の低さが浮き彫りになっている。主要医学誌に掲載されたワクチンや治療薬についての臨床試験(治験)の論文は1本にとどまる。米国はファイザーなど大手だけでも約10本あり出遅れが目立つ。コロナ禍では開発成果を早期に公開して世界と共有する「オープンサイエンス」が進んだが、国内勢は貢献できていない。

パンデミック(世界的大流行)に対応するため世界の製...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り957文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません