/

この記事は会員限定です

国内新興の時価総額 半数が低迷か伸び悩み 米に見劣り

一橋大と民間が共同調査

[有料会員限定]

新規株式公開(IPO)後の新興企業の成長が限定的だ。一橋大学大学院の鈴木健嗣教授と上場後のスタートアップを支援するグロース・キャピタル(東京・港)の共同研究によると、2013~19年に新興市場へ上場した企業の約半数は上場直後期から3期後も時価総額を伸ばしていなかった。米国市場に比べても時価総額の伸び率が低かった。

上場後の新興企業の成長性に関するリポートをまとめた。13~19年にマザーズとジャス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り678文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン