/

JTの21年12月期、一転最終増益に 海外たばこ好調で

日本たばこ産業(JT)は29日、2021年12月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比6%増の3300億円になる見通しと発表した。従来は12%減の2720億円を見込んでいたが、一転増益となる。海外たばこ事業の見通しを引き上げたほか、為替影響の緩和が効く。予想期末配当は前期比2円減の75円と従来から10円上積みする。

売上高にあたる売上収益は9%増の2兆2800億円と、従来予想から800億円引き上げた。海外で紙巻きたばこの「ウィンストン」や「キャメル」など主力ブランドの販売が伸び、総販売数量は前年度比横ばいから4%増程度に上方修正した。

国内たばこ事業は紙巻きの販売数量の見通しをやや引き上げたが、10月のたばこ税増税による値上げで相対的に安価なたばこが伸びるとみて、JTのたばこ製品の売上収益見通しは据え置いた。

営業利益は2%増の4780億円と760億円上方修正した。海外たばこ事業でトルコリラなど現地通貨安の影響が緩和されたことや円安・ドル高など為替面が収益に追い風になる。医薬事業もロイヤルティー収入の増加や研究開発費の期ずれを反映し、見通しを引き上げた。

同日発表した21年1~9月期連結決算は、売上収益が前年同期比11%増の1兆7660億円、純利益は31%増の3388億円だった。海外たばこは英国などでシェアを伸ばしたほか、円安が寄与した。1~9月期の純利益は21年12月期の見通しをすでに上回っているが、10~12月期に人員削減に関連する費用の計上などを見込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン