/

この記事は会員限定です

住友商事、中古スマホ参入 最短2分でAI「無人」査定

[有料会員限定]

住友商事は中古スマートフォン事業に参入する。カメラを搭載した無人回収機を商業施設などに設置し、画面のひび割れがないかなどを人工知能(AI)が最短2分で査定する。国内の中古スマホ市場は欧米などと比べて出遅れているが、新型スマホの価格上昇や通信回線を自由に選べるようになったことで市場が拡大するとみている。査定や回収の手間を大幅に軽減し、需要をいち早く取り込むことを狙う。

子会社で携帯電話の販売代理店...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り980文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン