/

NHK、未契約者向けネット配信の実証 最大3000人規模で

NHKは26日、受信契約を結んでいない未契約者に対し、番組のインターネット配信を提供する社会実証について、1回あたり最大3000人規模で最大3カ月程度かけ、複数回実施する方針を明らかにした。テレビの視聴スタイルが変化するなか、ネットを通じたサービスがどのように受け入れられるか検証する。

実証は8月末、当時の武田良太総務相が要請したもの。テレビを持たない人や日常的にテレビを見ない人を対象に、番組の同時配信や見逃し配信のサービス「NHKプラス」のコンテンツを提供して反応や評価を探る。提供内容や対象者を変えるなどして複数回実施する計画で、提供する番組の内容や期間といったより詳しい内容は2022年1月に公表する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン