/

この記事は会員限定です

丸紅と関電、秋田の石炭火力新設断念 国内計画はゼロに

[有料会員限定]

丸紅関西電力が秋田市で計画していた石炭火力発電所の新設を断念することが、27日わかった。日本国内の石炭火力で未着工の新設計画は、これでゼロになる。両社は燃料転換の検討は続ける。脱炭素の流れで石炭火力への規制が強まっており、丸紅は洋上風力発電など再生可能エネルギー分野への転換を進める。

秋田市の石炭火力は、丸紅と関電子会社の関電エネルギーソリューション(大阪市)が15年に計画を公表。3000億円超を投じて24...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り544文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン