/

この記事は会員限定です

ローカル5G、普及期へ 住商や凸版などが参入

周波数拡大で免許数2倍

(更新) [有料会員限定]

地域限定の高速通信規格「ローカル5G」が幅広い業種で使われ始めた。住友商事は工場の検査で実証実験を開始。凸版印刷は高精細の360度映像による仮想旅行を検討する。総務省が産業向けの周波数を広げたことを機に、免許の取得や申請数は半年で2倍に増えた。人工知能(AI)など先端技術を通信面で支える5Gは企業のデジタル化を後押しする。

住商傘下のサミットスチール大阪工場(大阪市)はロール状の鋼材を切断して鉄...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1861文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン