/

この記事は会員限定です

FA大手、好調中国の持続性に不安 相次ぐ中計下方修正

安川電やハーモニック、ダイフク 株価は軟調

[有料会員限定]

安川電機ハーモニック・ドライブ・システムズなど、工場自動化(FA)機器大手が中期経営計画の目標を相次ぎ引き下げた。中国の自動化需要を追い風に足元の業績は好調だが、米中摩擦や先行発注による需要先食いで需要が急減した2017~18年の好調期の再現を不安視する。控えめなFA各社の業績見通しで株価は軟調になっている。

中国向けの工作機械受注額は21年4月に前年同月の3.3倍の378億円と、17年11月に次いで過去2番目の高水準だった。今年に入っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1080文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン