/

医薬品の昨年末比上昇率 業績堅調の武田が首位

日本株番付

中国の都市封鎖など世界経済に逆風が吹くなか、景気に左右されにくい医薬品株の物色が続いている。業種別東証株価指数(TOPIX)の医薬品は、2021年末から3%高と日経平均株価(7%安)を上回る。企業別に調べると、武田薬品工業など直近の業績見通しが堅調な大手の上昇率が高かった。

25日時点の時価総額が500億円以上の大手・中堅製薬を対象にランキングした。首位の武田は主力の潰瘍性大腸炎・クローン病治療薬「エンティビオ」の販売が好調で、株価上昇率は17%を上回る。2023年3月期の純利益の市場予想平均(QUICKコンセンサス)は3286億円と、22年3月期の会社予想比で4割弱の増加を見込んでいる。

6位のアステラス製薬は前立腺がん治療薬「イクスタンジ」の販売増が業績をけん引する。世界的に株価が調整色を強めるなか、海外でも医薬品株の上昇が目立つ。25日時点で米ジョンソン・エンド・ジョンソン(9%高)、スイス・ノバルティス(7%高)など成長期待の高いメガファーマが買われている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン