/

この記事は会員限定です

電子部品の回復鮮明、2月出荷10%増 6カ月連続プラス

[有料会員限定]

電子部品の出荷額が伸びている。電子情報技術産業協会(JEITA)が28日発表した2021年2月の日本メーカーの世界出荷額は前年同月比10%増えた。前年実績を超えるのは6カ月連続となる。スマートフォンをはじめとする電子機器や自動車など幅広い産業で受注が増えた。新型コロナウイルスの感染拡大による低迷期を脱し、回復基調が鮮明だ。

2月の出荷額は3013億円だった。20年2月は新型コロナウイルス感染拡大の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り856文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン