/

この記事は会員限定です

日本初の北極域研究船、26年度就航 季節問わず観測可能

[有料会員限定]

北極海の表面が氷で覆いつくされていても海洋や大気の観測ができる専用船の建造が2021年度に始まった。気候変動の影響を受けやすい北極周辺域は国際協力による観測が重要と考えられている。日本初の「北極域研究船」は26年度に就航する予定で、地球環境の研究で世界に貢献する一つの手段を手に入れる。

海洋研究開発機構が研究船の基本設計をまとめ、造船大手のジャパンマリンユナイテッド(JMU、横浜市)が建造する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り664文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません