/

この記事は会員限定です

日本の携帯料金下がったと総務省 本当に額面通りか

ITジャーナリスト 石川 温

[有料会員限定]

総務省は5月25日、世界6都市の携帯電話料金などを比較した「電気通信サービスに係る内外価格差調査」の2020年度の調査結果を発表した。前年度までは東京の携帯料金が世界に比べて高いと指摘していたが、今回は20ギガ(ギガは10億)バイトの大容量プランが月額2973円で、ロンドンの月額2166円に次いで世界で2番目に安い水準になった。

ただ「菅義偉政権の値下げ要請によって、世界的にも安くなった」と手放...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2346文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

モバイルの達人

最新スマホの最速レビューから、最新技術動向、スマホを巡るビジネスの裏側など業界を知り尽くす「達人」がお伝えします。動きの早いモバイル業界の「次を読む」ためのヒントが満載。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン