/

Jオイルの22年3月期、純利益64%減 食用油原料高響く

J―オイルミルズは26日、2022年3月期の連結純利益が前期比64%減の19億円になる見通しだと発表した。従来予想を14億円下方修正して、減益幅が広がる。食物油原料の大豆や菜種などの相場が高止まりしている。家庭用食用油などを今期中に5回値上げするが、店頭価格への反映が想定より遅れている。

売上高は22%増の2015億円、営業利益は99%減の5000万円とそれぞれ35億円、25億円下方修正した。高付加価値品の拡販や商品数削減などで収益改善を進めている。ただ大豆生産国のブラジルでは作柄不良の観測もあり、先行きは不透明だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン