/

この記事は会員限定です

12月の新規上場数、30年ぶり高水準 デジタル化が追い風

[有料会員限定]

12月に新規株式公開(IPO)する企業数は33社と、単月では1991年11月以来30年ぶりの高水準になる見通しとなった。新型コロナウイルス禍で社会のデジタル化が加速するなか、人工知能(AI)など高度な技術を有する新興勢が目立つ。世界的なカネ余りで投資マネーの流入が期待できる点も、足元の案件増を後押ししている。

東京証券取引所は26日、AIを活用した人材評価サービスを手がけるInstitution ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り726文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン