/

日清製粉グループ本社、中食・総菜の中間持ち株会社

日清製粉グループ本社は26日、中食・総菜事業の中間持ち株会社、日清製粉デリカフロンティアを7月1日に会社分割で設立すると発表した。日清製粉Gは傘下にコンビニエンスストア向けなどの中食や総菜の会社を3社もつ。これらを中間持ち株会社の傘下に置く。

市場環境に応じて事業展開ができるようにし、ガバナンスも強化する。日清製粉Gはコンビニ向け調理麺、量販店向け総菜などの事業で成長を狙う。共働きが一般的になり、高齢化が進み、買ってすぐに食べられる食品の需要が増えるとみる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン