/

JERAが姉崎火力発電所を稼働へ、冬の需給逼迫に備え

東京電力ホールディングス中部電力が折半出資するJERAは26日、電力需要が高まる冬の需給逼迫に備え、停止中の姉崎火力発電所5号機(千葉県市原市、最大出力60万キロワット)の運転準備を進めると発表した。送配電事業者の東京電力パワーグリッド(PG)が電源を公募しており、同発電所が落札された。

姉崎火力発電所5号機は液化天然ガス(LNG)を燃料とする。1977年に稼働し、2021年4月から計画的に停止していた。22年1月4日から2月28日にかけて発電した電力を東電PGが買い取る。

21年1月はLNG不足や寒波に火力発電所のトラブルが重なって電力需給が逼迫した。今冬の22年1月についても21年5月時点の見通しで需給逼迫が懸念されたため、東電PGが追加供給力55万キロワットを募集していた。

東電PGはJERAを含め複数社の電源などを落札しており、平均落札額は1キロワットあたり1万4440円。落札額は合計で約90億円となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生可能エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、連載企画やデータ解説を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン