/

NTTドコモ、サイバーエージェントと広告新会社

NTTドコモとサイバーエージェントは26日、広告事業に関する新会社「Prism Partner(プリズムパートナー)」を6月末に設立すると発表した。NTTドコモの顧客基盤とサイバーエージェントのインターネット広告の知見を合わせ、メーカーやゲームアプリ事業者などのマーケティングを支援する。

新会社の資本金は5億5000万円。出資比率はNTTドコモが51%、サイバーエージェントが49%。10月から事業を開始する。

NTTドコモの約8900万人の会員基盤とサイバーエージェントの持つ人工知能(AI)やデジタルマーケティングの知見を生かし、広告効果の見える化などのサービスを提供する。メーカー向けにターゲティング広告サービスを販売する。ポイントサービス「dポイント」を活用した購買行動の促進や広告効果の分析も担う。

ゲームなどのアプリ事業者向け広告サービスも開発支援・販売する。ユーザーの属性をAIなどで分析し、関心のある顧客にアプリのダウンロードや課金を促すような広告を配信する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン