/

この記事は会員限定です

3Dプリントで安価な義足、貧困層救え インスタリムCEO

テクノロジストの時代

[有料会員限定]

誰でも買える値段で高品質な義足を届けて、世界の貧しい人々を救いたい――。義肢製造スタートアップ、インスタリム(東京・千代田)は3Dプリンターを活用して、価格を10分の1に抑えた義足をフィリピンで販売している。創業した徳島泰最高経営責任者(CEO)の原点は現地での体験にあった。

医療機器メーカーのデザイン部門で働いていた徳島氏は2012年、青年海外協力隊としてフィリピンにわたった。3Dプリンターな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り716文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン